日本の折りたたみ

  • 童楽絵(ジョイ・パーティー)─林佩君個展

    ア ーティストは、写実的な肖像を独自の「可愛い」という美学で愛らしい風格へと転換させました。絵画を通じて様々な重い社会問題を異なる物語性のある作品へ転換することで、見る者のイメージに関わる脳内メモリーを刺激し、見る者と作品との対話関係をより一層広範囲なものにします。

    会期 03/10 より 03/30 まで
    場所 435 芸術文化特区

    新北市板橋区中正路 435 号
    02-2969-0366
    月曜~金曜 09:00-17:00、土曜~日曜 09:00-18:00(第一月曜日休館)
    MRT →板南線(青ライン)「板橋駅」で下車し。2 番出口から板橋バスステーションで310、307、810、857、786 バスに乗り、「板橋中学、板橋 435芸術文化特区」で下車。

  • 新荘文化芸術センター 芸術文化を継承し伝える基地

    赤レンガがメインの外観は、ライトシアンとライトグレーの石が組み合わされ、丸みがかったデザインになっています。空間は多機能で多元化した設計で、演芸ホール、芸術ホール、刊行物コーナー、閲覧コーナー、布袋劇文物館があります。芸術文化の領域を引き続き無限に拡張し続けていきます。

    会期 即日より
    場所 新荘文化芸術センター

    新北市新莊区中平路 133 号
    02-2276-0182
    月曜~金曜 09:00-21:00、土曜~日曜 09:00-17:30
    MRT「新荘」線に乗り、新荘駅で下車。1 号出口で257 に乗り換え、「新荘プール駅」で下車。

  • 松絵湘纏─水彩と客家纏花の対話

    客家語の伝承師であり、ご夫婦でもある黄振松先生と黎湘玲先生が、水彩と纏花工芸の合同展を通して、美学教育の推進に取り組みます。水彩芸術の発展性の探求と、纏花工芸の繊細な美しさを展示し、新北の客家文化の本質を再現します。

    会期 即日より03/21 まで
    場所 新北市客家文化園区

    新北市三峡区隆恩街239 号
    02-2672-9996
    月曜~金曜 09:00-17:00、土曜~日曜09:00-18:00(第一月曜日休館)
    板南線(青ライン)「永寧駅」→台北客運バス917、981 三鴬線先導バス

  • 甬道を体験しよう

    日本統治時代に造られた弾薬輸送用の通路は、各部屋との仕切りがクロスするように設計されており、弾薬と人を護るようになっていました。合計 10 の出入り口があります。戦後、軍人とその家族が入居してからは、子供たちの探検ごっこの秘密基地となりました。

    会期 即日より
    場所 空軍三重一村

    新北市三重区正義南路86 巷
    02-2979-1815
    10:00-18:00(第一月曜日休館)
    MRT「中和新蘆線- 迴龍線」に乗車し、「台北橋」で下車後、徒歩で文化南路→福徳南路→正義南路86 巷を進みます。

  • 2021 謝家文イラスト個展─ミルロードでの日々

    英国のケンブリッジには、市の中心部を貫通し、市街地全体を結ぶミルロードという通りがあります。作者はスケッチに文字を加えるという形式で、数年の留学生活の間に起こった大小様々な面白い出来事をじっくり語っています。

    会期 即日より 03/14 まで
    場所 新北市美麗永安芸術文化センター

    新北市中和区中和路390 号2 階
    02-2929-8830
    11:00-19:00(第一月曜日休館)
    MRT オレンジラインで永安市場駅下車。

頁面

Zircon - This is a contributing Drupal Theme
Design by WeebPal.