日本の折りたたみ

  • 新北市に向かって歩こう- 2021 新北市文化走春

    春節の連休期間、新北市政府は恒例の「文化走春」シリーズイベントを開催します。新北市博物館家族および関連の芸術文化会館は休館せず、時期に合わせたイベントを開催。公立博物館を拠点とした5 つの小旅行を企画しています。春節期間に友人を誘って博物館を歩き、それぞれのルートで特徴的な風景を体験し、写真を撮ってSNS でチェックインしましょう。文化局は抽選50 名の幸運な方に数量限定のプレゼントを用意しています。

    楽しい春聯・紅包体験
    淡水古跡博物館と林本源園邸は、2月6日と2月7日の午後に、それぞれ書道の大家による春聯の書き初めを開催します。また、アーティスト・イン・レジデンスプログラムのアーティストの指導による手描きの古跡紅包イベントの開催や文化局が用意した
    丑年限定の紅包を各館で配布します。そのほか、1月30日の午後に鶯歌陶磁博物館で「楽心絹印」のチームがシルクスクリーンの春聯体験を開催します。
    2 月13 日から2 月16 日まで、十三行博物館もまた市民のみなさまに、オリジナルのコースターやノートを作る「シルクスクリーン文物、縁起の良い言葉」体験をお届けします。府中15 新北市動画故事館では、丑年疾走バージョンの手作りアニメーションコースを開催。2 月13 日から板橋435 芸文特区で始まるイベントでは、アーティスト・イン・レジデンスプログラムのアーティストがデザインした未来はがきに、みんなで来年の願い事を書いて、一年後の自分に送りましょう。

    心の底から温まる丑年のギフト
    新春の開館日に訪れた先着168 名の来場者に、鶯歌陶瓷博物館および十三行博物館からは丑年のささやかなギフト、空軍三重一村からは数量限定の「一村限定バッグ」をプレゼントします。
    2 月13 日から2 月16 日の期間中、黄金博物館の特別展イベントに参加するか淡水古跡のスタンプを3 つ集めると、数量限定のプレゼントと交換できます。さらに淡水古跡博物館は、2 月1 日から2 月5 日まで、「丑年─ Facebook 金の牛、春節ギフト」を展開します。

    新年の楽しみと喜び
    旧暦一月三日(2 月14 日)はちょうどバレンタインデーです。鶯歌陶瓷博物館では淡水冒険ヴァイオリニストのCrystalさんを招待し、ロマンチックな愛の曲を演奏していただきます。2 月15 日は、巴奇先生 (Papi Bucket) がみなさんを楽しいリズムの中にお連れします。2 月16 日は、バナ夫による風船のパフォーマンスが行われます。
    十三行博物館の鯨背砂丘前の広場では、2 月13 日から2 月16 日の毎日午後に「十三行で楽しむ劇」の演出があります。みなさんにお楽しみいただけるよう、黄金博物館は、2 月13日から2 月16 日にバンドや風船マジックの達人を招待します。また、昇平戯院ではノスタルジックな歌仔戯(台湾オペラ)がにぎやかに放映されます。
    林本源園邸は、2 月13 日に新春の獅子舞で迎春イベントを盛大に開始します。2 月13 日と2 月14 日の午後、易経の先生が丑年の運勢をみなさんに解説します。空軍三重一村では、2 月13 日からマジック& ジャグリングパフォーマンス、レトロなスイングダンス、龍舞、獅子舞、福の神招き、一村戲院などのイベントが続々と登場します。
    春節にはぜひ新北市を訪れ、2021 年丑年の新たな雰囲気をお楽しみください。

    新北市に向かって歩こう-2021 新北市文化走春
    01/25-02/16
    新北市立博物館家族および芸術文
    化会館
    02-2960-3456#4625
    www.culture.ntpc.gov.tw

頁面

Zircon - This is a contributing Drupal Theme
Design by WeebPal.