日本の折りたたみ

  • BEERU の台湾バー ライブ配信

    これまで、「台湾吧(台湾バー)」というと、「あ! 歴史物の動画だ!」とか「いろんな知識を紹介するYouTube チャンネル!」あるいは「2020 年カウントダウンの台北101 動画を作ったニューメディアだ!」という答えが返ってきました。皆さんが覚えてる作品には、あの黒くて太った耳の大きいキュートなタイワンツキノワグマの「BEERU(黒啤)」がいました。
    BEERU は、台湾吧が出した最初のビデオからしょっぱなに登場します。画面の真ん中に表れて皆さんに挨拶するのです。好奇心いっぱいで食べ物には目がないBEERU は、老若男女問わず皆から愛されています。

    知識の泉となってきた6 年間
    この展示会では、2014 年から今に至る台湾吧の6 年間の歩みを知ることができます。台湾吧のほとんどすべてのビデオはBEERU(黒啤)が紹介してきました。動画の内容は、オランダとスペインが支配した時代から現在までの歴史、大航海時代から清朝の建設である台北の大稲埕に至るスポットの紹介、抹茶から擂茶に至る飲み物の歴史、恋愛心理学から法律の常識などあらゆるジャンルに上り、一つの動画の再生回数も200 万回になり、のべ視聴者数も80 万人を超えました。
    「拼経済吧(経済学バー)」シリーズでは、レンガのように分厚い教科書の内容ではなく、難しい経済学がBEERU の熱演によってわかりやすく説明
    されており、BEERU が扮する雇用主とMIJO(白米)扮する従業員が資本と労働が経済を動かす関係をかみ砕いて説明してくれます。BEERU はまたROSE(紅瑰)とカップルになり、恋愛を例に取って「限界効用逓減の法則」もすんなり理解させてくれます。
    さらに「跳舞吧(ダンスバー)」シリーズではBEERU がバレエ、モダンダンス、民俗舞踊からストリートダンスまで踊りますが、その様子がいきいきと展示されています。

    BEERU が説明する動画の制作
    「BEERU のライブ」では、動画の完成品だけでなく、それができあがるまでの過程や苦労を知ることができます。テーマの設定、おびただしい書籍やオンライン文書からの資料の整理、視聴者にわかりやすくするための言葉遣いや表現の決定、BEERU の動作やスタイルのデザイン、ひいてはコンテンツに合った音楽の選択など、製作スタッフたちの生の声でその苦労や喜びが紹介されています。
    このほか、BEERU がガイドとなって台湾吧のすべてを案内してくれます。またBEERU と遊べるゲーム「ソーセージを早く送れ!」もここでしか体験できません。このゲームは自分でデザインを選んで友達と対戦することもできます。誰の動作が一番速いか、試しにおいでください。

    BEERU の台湾バー ライブ配信
    即日より05/31 まで
    府中 15 ( 新北市板橋区府中路 15 号)
    02-2968-3600#211
    www.fuzhong15.ntpc.gov.tw

  • 鉱山を歩いて学ぶ-文化の道をひもとく

    新北市の水金九(水湳洞、金瓜石、九份) 地区には多くの鉱業遺跡があり、産業と生活の関わり合いが各所にある遺跡のつながりとリンクしています。今回の展示では、鉱山を定番の良書として、人々が「文化の道」を通じて鉱山に属するシーンや記憶の物語を読み取ることができるようガイドします。
    会期 03/30-06/28
    場所 新北市立黄金博物館
    新北市瑞芳区金光路8 号
    02-2496-2800
    月曜~金曜 09:30-17:00、土曜~日曜09:30-18:00(第一月曜日休館)
    台北―金瓜石:台北MRT「忠孝復興」駅2 番出口前にて基隆客運(バス)  1062 系統に乗車→瑞芳、九份を経て終点「金瓜石」にて下車。

  • デモンストレーショ

    鶯歌のベテラン陶芸家である詹国祥氏は、初期の台湾の窯場で陶芸の大家らが伝承したろくろを回す技術を再現しています。足を使い、ろくろを蹴りながら陶器の形を作り、人力で数々の唯一無二の、ろくろによる陶芸の伝統技芸を造り出しています。
    会期 土 - 日, 休日
    場所 新北市立鶯歌陶磁博物館
    新北市鴬歌区文化路200 号
    02-8677-2727
    月曜~金曜 09:30-17:00、土曜~日曜09:30-18:00(第一月曜日休館)
    鉄道→ 台湾鉄道の区間車に乗車して鴬歌駅にて下車。文化路出口か ら駅を出て、徒歩約10 分。

  • 茶遊記-時空を超えるお茶の旅

    新北市の坪林茶業博物館と国立歴史博物館の協同企画で、貴重な文化財が展示された。茶の発展の足跡をたどりながら、茶がどのように各地に広まって行き、世界の経済貿易の発展を変える奇跡の植物になったのかを知ることができます。
    会期 即日より 06/14 まで
    場所 新北市坪林茶業博物館
    新北市坪林区水徳里水聳淒坑19-1 号
    02-2665-6035
    月曜~金曜 09:00-17:00、土曜~日曜09:00-17:30(第一月曜日休館)
    MRT → 新店駅で下車し、923 または緑12 の新店客運バスに乗り換えて坪林
    中学駅で下車、徒歩約5分で到着します。

  • 滬尾之役洋人生活館

    洋人生活館は淡水の紅毛城、英国領事官邸を拠点としています。建築的特色から領事という公務の生活、服飾、飲食、茶文化に至るまで、ゲストを100 年以上前の世界へと誘い、英国領事の淡水での華やかな生活へご招待します。

    会期 即日より
    場所淡水紅毛城

    新北市淡水区中正路28 巷1 号
    02-2623-1001
    月曜~金曜09:30-17:00、土曜~日曜09:30-18:00(第一月曜日休館)
    MRT →淡水信義線の淡水駅紅26 番線、836 番線のバスに乗車各古跡ス
    ポットのバス停で下車。

頁面

Zircon - This is a contributing Drupal Theme
Design by WeebPal.