日本の折りたたみ

  • 2018 台湾国際陶芸ビエンナーレ

    09/07-2019/03/03
    新北市立鴬歌陶磁博物館

    鶯歌陶磁博物館では2004年より「台湾国際陶芸ビエンナーレ」を開催しており、2年に一度世界各国の優れた陶芸家たちの作品を台湾に集結させ、展覧会やコンクールを通じて陶芸の国際間における協力や交流を促進し、陶磁器芸術の深さと広さを高めています。
    2018年はキュレーター兼IAC会員である邵婷如女史を招き、「陶芸の人間性回帰:芸術における精神の原点から語る」と題した展覧会を開催します。人と土地の本来の結びつきから出発して、創作と時代の移り変わりの関係の筋道を探るとともに、アジアの様々な陶芸や文化の対話の場を台湾の視点から構築するほか、アジアの主要な陶磁器博物館から収蔵品を借り受けて展示を行い、館同士の交流や繋がりを確立します。
    同展覧会には世界各地から40名を超える陶芸家が参加し、約70~80点(組)の陶芸作品が展示されます。また展覧会開催中には作品の展示による交流のほか、アーティスト・イン・レジデンスも計画されているほか、経験豊かなキュレーターや台湾陶芸研究家を招き陶芸家に創作について語ってもらう座談会も開催され、国際交流を通じて台湾文化の奥深さを陶芸界および世界各国の人々に紹介できることが期待されます。
    バス→ 台北客運バス 702、851、917、981 に乗車するか、桃園客運バス(鴬歌方向)に乗車。
    鉄道→ 台湾鉄道の区間車に乗車して鴬歌駅にて下車。文化路出口から駅を出て、徒歩約 10 分。

  • アニメーションX実験式—2018国際実験アニメーション展

    即日より11/11まで
    301-304号室

    府中15-新北市アニメ物語館/3階-4階
    「実験」には、未知への探求と絶え間ない試みの精神があります。アニメーターは、全く新しい技術、叙述の方式、物語の構造といった試みを通じて、現代において主流ではないオリジナルアニメーション芸術を創り出しました。本展覧会では、「実験アニメーション」の起源と芸術的発展を掘り下げながら、デジタル時代の進化やメディアアプリケーションを取り入れ、最終的に現代のAR技術に対してアニメーション体験を行っています。実験アニメーションの様々な側面と中国・西洋の思考の衝突を感じながら、実験アニメーションの無限の可能性を秘めた想像空間を探求します。
    板橋区
    府中 15
    DATA
    バス→ 停「府中駅」か「板橋区公所」で下車し、徒歩約3分で到着。
    MRT→ 板南線に乗車し、府中駅で下車。2番出口を右へ進み、徒歩約40mで到着。もしくは1番出口を右へ進み、道を渡って直進。約3分で到着。

    板橋区

    新北市国定古跡林本源園邸

    新北市板橋区府中路15号
    02-2968-3600#211
    09:00-18:00(第一月曜日休館)

  • 唯一無二の染め出し─藍染DIY

    09/08(土)、09/11(火)
    新北市国定古跡林本源園邸
    今月の林園伝芸makerは、藍染芸術の普及のために「三角湧文化協進会」の劉美玲先生をお招きいたします。かつて三角湧と呼ばれていた三峡は、染物業の中心として栄えていました。現在では伝統産業は衰退しつつありますが、今もなお地元住民による伝承により、故郷の伝統文化保護のために力を注いでいます。藍染は簡単に見えますが、染料の量・異なる技法・媒介により、唯一無二の作品が生み出されます。皆さん、藍染DIYに参加して、無限なる創意を発揮しましょう。
    自動車→ 台北市和平西路三段から、華江橋を渡って文化路を直進し、民権路を右折したらすぐ左折します。運動場に沿って進むと到着します。
    バス→ 264、307、310、701、702に乗車し林家花園駅で下車いただくと、板橋林家花園に到着します。
    MRT→ 板南線(青ライン)「府中駅」で下車し、1番出口から徒歩約8分。

    新北市板橋区西門街9号
    02-2965-3061-3#23
    09:00-17:00(第一月曜日休館)

  • 一心に専念─台湾工芸の真骨頂

    即日より 09/24 まで
    地下1階/陶芸ギャラリー
    台湾工芸の家協会のメンバーは最高レベルの工芸技術を有しており、この度の展覧会では会員たちが長年に渡り熟練の技によって創り出してきた秀逸な陶芸作品のほか、陶芸と異素材を融合させた特色ある作品も展示し、各種素材の造形美をそれぞれ余すところなく表現、こだわりを追求する職人精神が存分に発揮されています。展覧会を通じて皆様により工芸に親しんでいただくとともに、工芸の美しさを人々の生活の中に溶け込ませていけることを願っております。見応えのある素晴らしい展示を、ぜひともご堪能ください!

    新北市鴬歌区文化路200号
    02-8677-2727
    月曜~金曜 09:30-17:00、土曜~日曜09:30-18:00(第一月曜日休館)

    新北市立鴬歌陶磁博物館
    自動車→ 国道3号線高速道路三鴬インターチェンジ(交流道)を下りて、鴬歌方向へ進み、三鴬橋を渡って文化路公共駐車場へ。
    バス→ 台北客運バス702、851、917、981に乗車するか、桃園客運バス(鴬歌方向)に乗車。
    鉄道→ 台湾鉄道の区間車に乗車して鴬歌駅にて
    下車。文化路出口から駅を出て、徒歩約10分。
    DATA
    新北市鴬歌区文化路200号

    02-8677-2727
    月曜~金曜 09:30-17:00、土曜~日曜09:30-18:00(第一月曜日休館)

  • 美しきベトナム─ベトナム文化特別展

    09/18-2019/01/13
    2階 ギャラリー

    ベトナムの国土は南北に細長く、多数の川が存在します。そのため、北部・中部・南部と各特色があり、暮らしと水は切っても切れない関係です。風になびくアオザイ・色彩豊かで多様な野菜と果物・前部に座席のあるシクロと小舟、それとベトナム伝統芸術─水上人形劇と漆絵、どれもが忘れることのできないベトナムの特色です。一緒に展示を楽しみましょう。

    八里区 北市立十三行博物館
    自動車→台15号線:関渡大橋→台15号線を八里方向(龍米路)へ→中華路→文昌路→博物館路→十三行博物館
    MRT→1.淡水線「淡水駅」→渡し船→紅13番バス→十三行博物館、または、渡し船→紅22番バス、704 番バス→仁愛路口→徒歩5分→十三行博物館。
    2.淡水線「関渡駅」紅13番バス→十三行博物館、または紅22番バス→仁愛路口→徒歩5分→十三行博物館。
    DATA
    新北市八里区博物館路200号
    02-2619-1313
    09:30-17:00(第一月曜日休館)

頁面

Zircon - This is a contributing Drupal Theme
Design by WeebPal.