日本の折りたたみ

  • タイヤル族アート

    場所:新北市烏來泰雅民族博物館

    記録する文字を持たないタイヤル族文化では緻密な織物によってその歴史が伝承されてきました。伝統工芸に用いられる材料は現地で採取される竹、木、藤、麻などで、基本的には家庭で使用される実用品として作られており、タイヤル族の素朴な特徴が表れています。

    自動車--> 1. 台北から:台北→羅斯福路→北新路→北宜路→新烏路→烏来。
    2. 宜蘭から:宜蘭→北宜路→新烏路→烏来。

    バス--> 新店客運バス849: 台北市青島東路→羅斯福路→新店→屈尺→烏来バス停終点。

    MRT --> 新店線「新店駅」→新店客運バス849(台北- 烏来)に乗換→烏来バス停終点。

  • 本山第五坑道体験及び砂金採り体験イベント

    会期:即日より12/31まで
    場所:新北市立黃金博物館

    黄金博物館は旧本山五坑を体験エリアとして整備し、さらに本物そっくりのろう人形と音響効果を組み合わせることにより、あたかも昔の採鉱作業現場に来たような臨場感を観光客に与えています。また、砂金採り活動では、先人が基隆河のほとりで砂金を洗別した過程を体験できるほか、採れた砂金を持ち帰ることもできます。

    バス--> 1. 台北―金瓜石:台北MRT「忠孝復興」駅2 番出口前にて基隆客運(バス)1062 系統に乗車-->瑞芳、九份を経て終点「金瓜石」にて下車。
    2. 基隆―金瓜石:鉄道「基隆」駅前の「基隆火車站(仁祥診所)」停留所で基隆客運(バス)の788 系統に乗車--> 瑞芳、九份を経て「金瓜石」にて下車。

    鉄道--> 「台北」駅で東部幹線の宜蘭・花蓮方面行き列車に乗車-->「瑞芳」駅にて下車--> 新北市警察瑞芳分局脇(区民広場)の「地政事務所前」停留所で基隆客運(バス)の1062 系統、788 系統に乗車-->「金瓜石」にて下車。

  • 心性悟明―陳菊美現代水墨展

    会期:即日より03/20まで
    場所:新北市客家文化園區

    作者は台湾の環境保全、古典文学、客家人物を創作理念の中心に据え、ささやかながらも強い信念を絵筆で表現することにより、現代水墨画の美しさと客家文化の奥深さを新しい若い世代に伝えようとしています。
    バス--> 台北客運バス702 番、851 番( 休日運休)、917 番、981 三鴬線先導バス、桃園客運バス5005 番(三峡- 桃園)。

    鉄道--> 台湾鉄道「鴬歌站」駅で下車し、桃園客運バス5005 番(三峡- 桃園)または、台北客運バス981 三鴬線先導バスに乗換え。

    MRT --> 1. 板南線(青ライン)「永寧駅」→台北客運バス917、981 三鴬線先導バス。
    2. 板南線(青ライン)「頂埔駅」→台北客運バス981 三鴬線先導バス。

  • 暁茶塾―デジタルインタラクティブな探索空間

    場所:新北市坪林茶業博物館

    「茶経」をベースに、AR・VR技術と結び付けることにより、茶学の内容を楽しいアニメーションとデジタルインタラクティブ施設へと変換させました。人々は茶摘み、釜炒り、揉捻、焙煎などの製茶工程を体験したり、この世でただ一つの茶筒をデザインしたりすることができ、楽しみながら学ぶことにより、茶知識の学習が新鮮で面白いものへと変わります。

    自動車--> 新店または宜蘭から省道台9 号線を通り、北宜線または国道5 号に入ると到着します。景美からは106 線で木柵、深坑、石碇106 乙線道を通り、闊瀨から坪林行きの産業道路に入れば到着します。

    MRT --> 新店駅で下車し、923 または緑12 の新店客運バスに乗り換えて坪林観光センター(坪林中学)駅で下車、徒歩約5 分で到着します。

  • 溢れる春の芸術─潘柏克・鄭淑妃油絵創作連合展

    会期:03/09より05/01まで
    場所:新北市立淡水古跡博物館/ダグラス洋行

    数多くの名所旧跡と優れた人と物が集まる淡水には、毎日大勢の観光客が訪れています。芸術をこよなく愛する二人の女性画家は、図らずも同じように淡水の風情と様々な人物の姿を描く展覧会を通して、淡水の人、物、事の美しさをより深く観光客に伝えようとしています。

    ダグラス洋行
    MRT --> 淡水駅下車後、紅 26、857、836 のいずれかに乗車し「紅毛城」で下車します。

頁面

Zircon - This is a contributing Drupal Theme
Design by WeebPal.