日本の折りたたみ

  • 暁茶塾─デジタル・インタラクティブの探索

    会期 即日より
    場所 新北市坪林茶業博物館/体験館

    茶神 陸羽の『茶経』の内容をベースに、AR、VR技術を結合させ、茶学の内容を気楽に理解でき、また興味深い動画に転化した、面白いデジタル・インタラクティブ施設です。訪れた方々には茶摘みから、茶葉の炒り、揉み、乾燥、そして自分専用の茶筒のデザインまで、製茶の全プロセスを体験していただけます。楽しみながら教える方法で、より多くの子供と若者を茶学者の卵になるよう引きつけ、お茶の文化の推進と伝承を強化します。

    新北市坪林茶業博物館
    自動車→ 新店または宜蘭から省道台9号線を通り、北宜線または国道5号に入ると到着します。景美からは106 線で木柵、深坑、石碇106 乙線道を通り、闊瀨から坪林行きの産業道路に入れば到着します。
    MRT→ 新店駅で下車し、923または緑12 の新店客運バスに乗り換えて坪林中学駅で下車、徒歩約5 分で到着します。

    DATA
    新北市坪林区水徳里水聳淒坑19-1 号
    02-2665-6035
    月曜~金曜 09:00-17:00、土曜~日曜09:00-17:30(第一月曜日休館)

  • 2018新北市クリスマスランド

    11/16-2019/01/01
    市民広場・駅前公園・万坪公園および周辺のイベントスペース
    「2018新北市クリスマスランド」は、夢と幻想を兼ね備えた宇宙の星がテーマ。宇宙飛行士になったサンタベアファミリーが皆様を飛行船にお連れして、星空の旅をご体験いただきます!さらに世界的に有名なニューヨークのインタラクティブ・ライトアーティスト、ジェン・レウィン (Jen Lewin) 氏と協力して、駅前広場に「The Pool」を展示。踏んだり走ったりジャンプしたりした時の重量や動きの変化で、様々な光のアートが繰り出されます。そのほか、ドイツのライティングコントロールシステムMADRIXを導入し、シルバーホワイトのLEDイルミネーションによってつくり上げられた「魅惑の星」では、11/17から毎時0分と30分に音と光のライティングショーが開催されます!
    また、最も有名な「新北市クリスマスプロジェクトマッピング」では、初めて900本のドットコントロール型 RGB LED ライトを市民広場の2 階通路に設置し、2018年ピョンヤン冬季オリンピックと同レベルの最先端ライティングコントロールシステムであるドイツの Madrix を導入。全てのライトが256色もの色に変化することができ、新北市の有名なランドマークとなっているクリスマスツリーを加えると、メインライティングショーが開催される総面積は 7,737 平方メートルにもおよび、世界各国から注目を集めています!
    今年のもう一つの目玉は、4種類の異なる色のイルミネーションで作られた、これまでに見たことも無いほど美しい4本のトンネルです。イベント開催期間、キッズフェスティバル・ビッグスタークリスマスコンサート・クリスマスラブビレッジなど、様々なイベントで盛り上がります。大人も子供も皆様お誘いあわせのうえ、この台湾最大規模のクリスマスタウンにぜひ遊びに来てください!

  • 枠の外側─台湾の映画職人特別展

    即日より2019/03/03まで
    3階、4階、5階展示室
    職人とは専門的な技術を持ち、ひたすら自分の持ち場で創作を続ける人を指します。一方映画とは、一般に知られることのない創作者が、スクリーンの外側で作り出した努力の結晶です。7周年記念を迎える府中15では、そんな映画職人の持ち物や、再現された撮影現場などを展示する「枠の外側:台湾の映画職人特別展」を開催します。映画ファンも映画産業に興味のある方々もぜひお越しいただき、ご一緒に映画職人に敬意を表しましょう。
    板橋区 府中15
    バス→ 停「府中駅」か「板橋区公所」で下車し、徒歩約3分で到着。
    MRT→ 板南線に乗車し、府中駅で下車。2番出口を右へ進み、徒歩約40mで到着。もしくは1番出口を右へ進み、道を渡って直進。約3分で到着。
    DATA
    新北市板橋区府中路15号
    02-2968-3600#211
    09:00-18:00(第一月曜日休館)

  • 平安吉祥─版画DIY

    12/04(火)、12/08(土)
    定静堂
    版画製「年画」(旧正月に飾る絵)は長く伝えられてきた中華圏の伝統文化です。本来は木材に直接描かれていましたが、徐々に精巧で華麗な芸術品へと発展を遂げました。植物、昆虫、鳥、魚のほかに、富と地位を象徴する縁起の良い器物、シンプルな美しい模様なども版画の題材に用いられます。旧正月に新しい年画を飾ることは、「過去に別れを告げ、新たな態度で明日に向かう」という前向きな意義を持っています。定静堂では版画の専門家である王振泰先生を迎え、その指導の下でご自分だけの版画年画を製作していただきます。
    板橋区 新北市国定古跡林本源園邸
    自動車→ 台北市和平西路三段から、華江橋を渡って文化路を直進し、民権路を右折したらすぐ左折します。運動場に沿って進むと到着します。
    バス→ 264、307、310、701、702に乗車し林家花園駅で下車いただくと、板橋林家花園に到着します。
    MRT→ 板南線(青ライン)「府中駅」で下車し、1番出口から徒歩約8分。
    DATA
    新北市板橋区西門街9号
    02-2965-3061#23
    09:00-17:00(第一月曜日休館)

  • 2018台湾セラミックビエンナーレ

    即日より2019/03/03まで
    301-304号室
    世界的な四大陶芸ビエンナーレの一つが、「陶芸の人文的回帰・芸術の精神を原点から語る」をテーマに鶯歌セラミック博物館で盛大に開催されています。開催からすでに7回になるセラミックビエンナーレにおいて、初めての台湾人、そして世界的に有名な陶芸家 邵婷如がキュレーターを担当しました。世界18ヶ国43人の陶芸家を招き、80組の作品を展示して、創作と時代の変遷の間の脈絡を深く研究します。台湾の古参の方々や各国の重鎮クラスの陶芸家が出展しているだけでなく、さらにアジア各国の大きな博物館から所蔵品を借り受け、これまでを凌ぐ精彩を放っています。
    鴬歌区 新北市立鴬歌陶磁博物館
    自動車→ 国道3号線高速道路三鴬インターチェンジ(交流道)を下りて、鴬歌方向へ進み、三鴬橋を渡って文化路公共駐車場へ。
    バス→ 台北客運バス702、851、917、981に乗車するか、桃園客運バス(鴬歌方向)に乗車。
    鉄道→ 台湾鉄道の区間車に乗車して鴬歌駅にて下車。文化路出口から駅を出て、徒歩約10分。
    DATA
    新北市鴬歌区文化路200号
    02-8677-2727
    月曜~金曜 09:30-17:00、土曜~日曜09:30-18:00(第一月曜日休館)

頁面

Zircon - This is a contributing Drupal Theme
Design by WeebPal.