日本の折りたたみ

  • タイヤル族アート

    場所:新北市烏來泰雅民族博物館

    記録する文字を持たないタイヤル族文化では緻密な織物によってその歴史が伝承されてきました。伝統工芸に用いられる材料は現地で採取される竹、木、藤、麻などで、基本的には家庭で使用される実用品として作られており、タイヤル族の素朴な特徴が表れています。
    自動車--> 1. 台北から:台北→羅斯福路→北新路→北宜路→新烏路→烏来。
    2. 宜蘭から:宜蘭→北宜路→新烏路→烏来。
    バス--> 新店客運バス849: 台北市青島東路→羅斯福路→新店→屈尺→烏来バス停終点。
    MRT --> 新店線「新店駅」→新店客運バス849(台北- 烏来)に乗換→烏来バス停終点。

  • 2018新北市国際金属工芸コンペティション

    会期:01/01-02/02
    場所:新北市立黃金博物館

    台湾金工界の年間一大イベント「2018新北市国際金属工芸コンペティション」が、2018年1月1日~2月2日の期間中に世界中から作品募集を行います。コンペティションはジュエリー部門とオブジェクト部門に分かれており、金属素材を中心に構成された個人作品のみを応募対象とします。

    バス-->
    1. 台北―金瓜石:台北MRT「忠孝復興」駅2 番出口前にて基隆客運(バス)1062 系統に乗車-->瑞芳、九份を経て終点「金瓜石」にて下車。
    2. 基隆―金瓜石:鉄道「基隆」駅前の「基隆火車站(仁祥診所)」停留所で基隆客運(バス)の788 系統に乗車--> 瑞芳、九份を経て「金瓜石」にて下車。

    鉄道--> 「台北」駅で東部幹線の宜蘭・花蓮方面行き列車に乗車-->「瑞芳」駅にて下車--> 新北市警察瑞芳分局脇(区民広場)の「地政事務所前」停留所で基隆客運(バス)の1062 系統、788 系統に乗車-->「金瓜石」にて下車。

  • 陶板画で客家に恋する―許丹麗創作展

    会期:即日より01/12まで
    場所:新北市客家文化園區/芸靚坊

    作者は写実的な陶板画を中心に、客家のありのままの文化、農村風景、幼い頃の面白い出来事、春の風景、有名な景勝地などを作品に取り込んでいます。その作品は、台湾の豊かな文化の彩りと美しい風景を、永遠の映像として歴史に残すだけでなく、観る者の共通の思い出を呼び起こしながら、その場に身を置いているかのような感覚をもたらし、台湾の温かな人情と郷土愛を感じるシーンを蘇らせてくれます。

    バス--> 台北客運バス702 番、851 番( 休日運休)、917 番、981 三鴬線先導バス、桃園客運バス5005 番(三峡- 桃園)。
    鉄道--> 台湾鉄道「鴬歌站」駅で下車し、桃園客運バス5005 番(三峡- 桃園)または、台北客運バス981 三鴬線先導バスに乗換え。
    MRT -->
    1. 板南線(青ライン)「永寧駅」→台北客運バス917、981 三鴬線先導バス。
    2. 板南線(青ライン)「頂埔駅」→台北客運バス981 三鴬線先導バス。

  • 暁茶塾―デジタルインタラクティブな探索空間

    場所:新北市坪林茶業博物館體驗館

    『茶経』をベースに、AR・VR技術と結び付けることにより、茶学の内容を楽しいアニメーションとデジタルインタラクティブ施設へと変換させました。人々は茶摘み、釜炒り、揉捻、焙煎などの製茶工程を体験したり、この世でただ一つの茶筒をデザインしたりすることができ、楽しみながら学ぶことにより、茶知識の学習が新鮮で面白いものへと変わります。

    自動車--> 新店または宜蘭から省道台9 号線を通り、北宜線または国道5 号に入ると到着します。景美からは106 線で木柵、深坑、石碇106 乙線道を通り、闊瀨から坪林行きの産業道路に入れば到着します。
    MRT --> 新店駅で下車し、923 または緑12 の新店客運バスに乗り換えて坪林観光センター(坪林中学)駅で下車、徒歩約5 分で到着します。

  • 溶け合う水と色―快楽画会淡水師弟連合展

    会期:即日より01/14まで
    場所:滬水一方芸術空間/5階

    水彩を使ったドリッピングによって風景の美しさを表現することに長けた水彩画家の劉木林氏が、快楽画会の20名の創作者を率いて、60点の水彩作品を共同出展します。学生が授業で描いた作品や、学生と共に淡水や北海岸など、台湾各地を旅行しながら写生した作品が展示されます。

    滬水一方-漁人埠頭アートスペース
    MRT --> 淡水駅下車後、紅 26、857、836 のいずれかに乗車し「漁人埠頭」で下車します。

頁面

Zircon - This is a contributing Drupal Theme
Design by WeebPal.