日本の折りたたみ

  • 中国林園の美

    場所:新北市国定古跡林本源園邸

    中国様式の庭園建築の景観は、物質的ニーズを提供するだけでなく、近隣の山、水、植物と調和していなければなりません。このように、建築の中でも美しい景観を観賞でき、また、風景、自然と融合になります。林本源園邸を訪れると、これらの伝統的な中国様式のすばらしい景色を一望することができます。

    自動車-->台北市和平西路三段から、華江橋を渡って文化路を直進し、民権路を右折したらすぐ左折します。運動場に沿って進むと到着します。

    バス-->264、307、310、701、702に乗車し林家花園駅で下車いただくと、板橋林家花園に到着します。
    MRT -->板南線(青ライン)「府中駅」で下車し、1番出口から徒歩約8分。

  • 徐行─黄偉茜陶芸展

    会期:即日より08/27まで
    場所:新北市立鴬歌陶磁博物館/地下1階陶芸ギャラリー

    黄偉茜氏は「一人でゆっくり進む」という創作態度でもって、陶土の造形を利用し、大自然から与えられた深い記憶を表現しようと試みています。それはあたかも木の葉が舞い落ちる森の中を歩き、風が起こったら足を止め、静かに森の生命力を観察しながら時が過ぎるのを待ち、そして再び前へと進むかのようです。

    自動車-->国道3号線高速道路三鴬インターチェンジ(交流道)を下りて、鴬歌方向へ進み、三鴬橋を渡って文化路公共駐車場へ。

    バス-->台北客運バス702、851、917、981に乗車するか、桃園客運バス(鴬歌方向)に乗車。

    鉄道-->台湾鉄道の区間車に乗車して鴬歌駅にて下車。文化路出口から駅を出て、徒歩約10分。

  • 音楽のために―音楽人類学特別展

    会期:即日より12/17まで
    場所:新北市立十三行博物館/第一特別展示室

    この特別展の展示テーマは楽律の美、民族の音、音楽の道、音楽は不滅だ、に分かれています。音楽発展の道筋及び人類の生活と音楽の関係を知ることに始まり、音楽の中にある有形と無形の文化資産を伝えることにより、音楽の文化的価値と意義について皆さんに理解を深めていただきます。

    自動車--> 台15号線:関渡大橋→台15号線を八里方向(龍米路)へ→中華路→文昌路→博物館路→十三行博物館

    MRT -->
    1.淡水線「淡水駅」→渡し船→紅13番バス→十三行博物館、または、渡し船→紅22 番バス、704番バス→仁愛路口→徒歩5分→十三行博物館。

    2. 淡水線「関渡駅」→紅13番バス→十三行博物館、または紅22番バス→仁愛路口→徒歩5 分→十三行博物館。

  • タイヤル族アート

    場所:新北市烏來泰雅民族博物館

    記録する文字を持たないタイヤル族文化では緻密な織物によってその歴史が伝承されてきました。伝統工芸に用いられる材料は現地で採取される竹、木、藤、麻などで、基本的には家庭で使用される実用品として作られており、タイヤル族の素朴な特徴が表れています。

    自動車-->
    1. 台北から:台北→羅斯福路→北新路→北宜路→新烏路→烏来。
    2. 宜蘭から:宜蘭→北宜路→新烏路→烏来。

    バス--> 新店客運バス849:台北市青島東路→羅斯福路→新店→屈尺→烏来バス停終点。

    MRT --> 新店線「新店駅」→新店客運バス849(台北- 烏来)に乗換→烏来バス停終点。

  • 満開―新世代の金属加工創作合同展

    会期:即日より11/05まで
    場所:新北市立黃金博物館/金水特別展示室、煉金楼二階特別展示室

    陳郁君、江枚芳、李恒、陳映秀、呉淑麟、趙永惠ら6名の若く、世界に向けて果敢に声を発し、世界で活躍できる新世代の金属加工クリエイターを招待し、その作品から台湾の現代金属加工の新世代の創作の成果をご覧いただけます。

    バス-->
    1. 台北―金瓜石:台北MRT「忠孝復興」駅2 番出口前にて基隆客運(バス)1062系統に乗車-->瑞芳、九份を経て終点「金瓜石」にて下車。
    2. 基隆―金瓜石:鉄道「基隆」駅前の「基隆火車站(仁祥診所)」停留所で基隆客運(バス)の788系統に乗--> 瑞芳、九份を経て「金瓜石」にて下車。

    鉄道--> 「台北」駅で東部幹線の宜蘭・花蓮方面行き列車に乗車-->「瑞芳」駅にて下車--> 新北市警察瑞芳分局脇(区民広場)の「地政事務所前」停留所で基隆客運(バス)の1062 系統、788系統に乗車-->「金瓜石」にて下車。

頁面

Zircon - This is a contributing Drupal Theme
Design by WeebPal.